IT業界におけるドッグフードの意味

ドッグフードとは犬が食べるペット食のことと一般的には意味されますが、時にIT業界では別の意味で同じ言葉が使われることがあります。その意味としては自分たちで開発したシステムやソフトを自身の職場で使用するというものです。つまり自社にて開発したものを自社で使うということになります。ドッグフードおすすめフードを食べるという行為は非常にメリットが大きく多くの企業で用いられています。その理由に自社で開発しているということはその制作過程もすべて管理できています。その中でバグが起こったときに何が原因だったのか、どうすれば解消できるのかをいち早く検証・改善することが可能です。また他者に使われてしまったときにもし不都合や不利益が生じてしまうとその責任問題や和解といった不都合をすべて未然に防ぐことが可能となります。また自社で用いているプログラムを他者に知られなくてよいため、周囲に知られないまま差を生み出すということにもつながります。開発されたプログラムのほとんどは必ずと言っていいほど大小関わらずバグが発生します。またプログラムの規模が大きくなるほどに小さなほころびから大きな問題を引き起こしかねません。そのため制作者自身でドッグフードを食べ改善に努めることでよりよいプログラムの制作・完成に結びつけることが可能となります。そしてその過程で制作者自身も成長することが出来るため、次に新しいものを作る際にはよりバグを減らすことにもつながります。そのことからメリットが多く多くの企業で行われています。